渋沢丘陵 – 神奈川県

神奈川県秦野市南部と足柄上郡にまたがり東西に連なる丘陵。
約4万年前に渋沢断層の隆起によって形成される。
北側には神奈川県唯一の盆地である秦野盆地があり、それより北に広がっているのが丹沢山系。


松田駅から富士山富士見塚を目指して渋沢丘陵の標識源頼朝公が馬を繋いで富士山を眺めたとされるところ富士見塚箱根の山々と富士山渋沢丘陵の田園風景渋沢丘陵から丹沢山系枯れた弘法のすずり水渋沢丘陵から丹沢山系八国見山への道渋沢丘陵内の八国見山栃漥神社鳥居栃漥神社社殿震生湖公園入口震生湖へ下る震生湖


<アクセス>
小田急小田原線 新松田駅もしくはJR小田原線 松田駅下車。
駅からは徒歩で川音川に架かる籠場橋を渡り、県道を歩きながら丘陵に入っていく。

<コメント>
西側の松田町あたりから見る富士山は見応えがあり、丹沢の山々もよく見渡すことが出来て景色も最高。
東側には1923年の関東大震災で誕生した震生湖がある。

歩行時間:4:00
歩行距離:12.2km

天災は忘れた頃にやってくる

物理学者 寺田寅彦