マルチに使えるパンツ『HERENESS』

HERENESS SUGARCANE LONGPANTS

先日、高尾を散策しに行ってきました。

曇り空で気温は21℃くらいでしたが、湿度が80%以上と歩くだけで汗をかき、とうとう梅雨の時期に入ってきたなと思いながら歩いていました。

これからの季節のハイキングでも使えるおすすめのパンツを紹介したいと思います。

HERENESS

この『HERENESS』というメーカーを知ったのは昨年にインスタの広告で目にしたのが最初でした。

HERENESSはスポーツライフスタイルメディア『onyourmark』、雑誌『mark』を運営する株式会社アルティコがローンチしています。

どういったメーカーなのか、HPから抜粋すると、

私たちのブランド名〈HERENESS〉とは、“いま、ここに在る” という意味です。

 

マルチタスクに追われる現在、「いま、ここ」にフォーカスする技術が求められています。そして、スポーツは「いま、ここ」に集中する最も手軽な方法です。

 

身体を動かすことで「いま、ここ」に集中し、得られる厳かな瞬間、それが〈HERENESS〉です。

 

私たちはスポーツを通じて得ることのできる〈HERENESS〉を多くの人と分かち合いたいと考えています。

 

引用 : HERENESS

その他にもサステナブルな取り組みも行なっていて、保管や発送などにビニールを使用していないことや、発送用ボックスはリサイクル率の高いダンボールを使用しています。

素材にもこだわりが

HERENESSでは、今回紹介するロングパンツ以外にもTシャツやショートパンツなども展開していて、私がHERENESSに興味を持ったのが、Tシャツやソックスにウールを使っていたからです。

HERENESSは動物福祉の問題にも取り組んでいて、使用しているウールはニュージーランド産のメリノウールで、ニュージーランドはミュールジング(羊の臀部を切り取る処理)を禁止していることを理由にニュージーランド産を使用しているそうです。

今回購入したSUGARCANE LONG PANTSでは、ストレッチ素材の定番のスパンデックを使用せずに、サトウキビ由来のストレッチポリエステルを使用しています。

スパンデックス(ポリウレタン)は、熱などに弱く製造された時点から劣化が始まっているので、寿命はそこまで長くはないですし、ここでも環境への取り組みを行なっていて、重化学製品でもあるスパンデックは使用しないNO SPANDEXもしくはLESS SPANDEXを進めています。

ハイキングで使ってみての感想

冒頭でも書きましたが、この日の気温は21℃くらいで湿度は高めの80%以上で、汗かきの私としては歩いているだけで汗がにじみ出てきました。

ですが、汗をかいてもベタつくこともなくサラサラな感じで不快に感じることはなかったです。サトウキビ由来のストレッチポリエステルは足上げに伴うストレスもなく、スパンデックスとまったく遜色もないと感じました。

シルエットは腰回りはゆったりした感じで、足元にかけてテーパードしているので、すっきりとしたシルエットなのでスポーツ以外にも普段着としても問題なく使えると思います。

裾はジッパーで開閉することが出来るので、そんな暑いときにはジッパーを上げて温度調整をすることも可能です。

サイドポケットはジッパー付きで、ポケットの底はメッシュ生地になっているので、暑いときにはジッパーを開けることでベンチレーションの役割も担っていて便利なサイドポケットです。

ヒップポケットのジッパーは縦方向でのジッパー開閉、ポケットの大きさもスマホの大きさに丁度よく、横方向に入れることで通常のヒップポケットの縦方向に収納するよりも上下運動時にもブレが少なくストレスフリーではないでしょうか。

このパンツは冬場のランニング用に購入したので、このヒップポケットは非常に良いと思います。ランニング中のスマホの収納には悩んでましたので。

最後に

HERENESSの商品はオンラインでの購入なので、実際手に取って見たり試着したりすることは出来ないので、どのような商品かは購入して手元に届くまで分からないので、購入しようかどうしようかと迷いましたが、購入して良かったと思います。
(着心地の良さを体感して貰う為に、商品到着後14日は返品・交換可能(未使用のみ、試着可)となっています)

173cm 59kgの私の体型だと写真で見る感じゆったりしたシルエットなのかなと思っていましたので、実際穿いて見てときは良いシルエットだなとまず思いましたし、3シーズンのハイキングパンツとしても良いなと思ったので、カラー違いのブラックも欲しいなと純粋に思いました。

他にも気になる商品があるので一気に購入するのは厳しいですけど、徐々に買い足していきたいなと考えています。

こちらを読んで気になる方はホームページをご覧になってください。

HERENESS

カテゴリー