SUUNTO CORE用のストラップをAmazonで見つけた999円のストラップにしてみた

Fintie for Suunto Core
今回はSUUNTOの時計のストラップを純正のものから、Amazonで見つけた
安価なストラップに交換してみたので、レビューを書いていこうと思います。



 使用しているモデルは

SUUNTO CORE Lightgreen
出典 : SUUNTO

こちらのコア ライトグリーンはもうかれこれ10年近く使用しています。
最近のモデルは充電式のモデルがほとんどですけど、こちらはボタン電池なので一度電池交換すれば、だいたい1年くらいは電池交換する必要がなくバッテリー切れを気にする必要がないのでハイキングなどではこちらを使用しています。

純正のストラップはウレタンストラップで、私の場合は日常も使用しているので1年ちょっとでストラップが切れるので年に1回くらいはストラップを交換しています。
毎日使用していなくても湿気などの影響で加水分解もしますので、もっと耐久性があればいいなとは思いながらも、毎回純正を買い交換していました。

 

 

 今回Amazonで購入したものは

純正ストラップを買うときはだいたいAmazonで購入していて、今回たまたま見つけたのがこちらで

Fintie for Suunto Core

価格はナント999円
素材はナイロン製で写真で見た感じが良かったし、毎度ウレタンストラップでたまには気分転換として変えるのもいいし安かったのでポチッと。

商品が届き開封し、ストラップ以外に同梱されていたのが交換するのに必要な精密のマイナスドライバー。商品紹介をちゃんと読んでなかったので、ストラップしか入ってないと思っていたので、開封してマイナスドライバーを見たときは、何て親切なんだと。

因みにスントのストラップにはマイナスドライバーは付属していません。

なのでストラップを交換するにあたって精密のマイナスドライバーが2本必要で、交換のためにわざわざ買い足す必要もないので、これは非常にありがたいと思います。

スント ストラップ交換に必要な工具
同梱されていたマイナスドライバー

 

 

 実際装着してみてどうだったのか

Fintie for Suunto Core
実際に着けてみて

腕に着けてみてまず感じたことは、自分の手首の周囲が17cmですが留める箇所が手前から2箇所目なので女性だと一番手前の穴にも止まらずに自分自身で穴を開けて調整しないといけないだろうなと思ったこと。

ですけど、私自身フィールドで使う場合で長袖の服を着ているときには服の上に時計を着けるのでそういう着けかたであれば特に気になる所はない。

それ以外は999円で作りがちゃっちいかなと思っていたけれど、この安さなのに縫製などの作りはしっかりしていてその辺の心配は必要ないかと。

 

 おすすめできるのか?できないのか?

答えとしてはおすすめ出来ます。

この記事を書いている時点で、おすすめ出来るから書いているんだろうと思われそうだけれど、999円でこの作りは十分に問題ないなと思います。
私が使っているコアのカラーがライトグリーンなので本体のカラーとストラップのカラーがマッチするのも1つの理由でもあります。

ストラップのカラー展開は他にも価格は変わりますが、カーキとブラックもあります。

なのでSUUNTO(スント) コアを使っている方は、サイトの商品紹介をご覧になって一度検討してみてもいいかと思います。

カテゴリー