日光白根山 – 栃木県

日光白根山は栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの山で、日本百名山のひとつでもあり、関東より北の山のなかでは最高峰です。
日光白根山は記録に残ると、1949年、1872年、1873年、1889年に噴火があり現在も活火山です。

2019.8.11

・湯元キャンプ場からスタート

標高1500mくらいからの登りはじめだけど、歩き始めてしばらくすると汗が滴り落ちる。
避暑と思ってたけど夏だった...
前白根山手前はキオンの群生地もあり、きれいな花が咲き乱れていた。
午後は天候が悪くなることも多いので、午前中のうちに色々と歩き回ったほうが景色も楽しめると思います。
この日も午後は雲が多くなり眺望はなくなりました。
<コースタイム>
湯元キャンプ場 2:00 前白根山 0:20 五色沼避難小屋 0:50 日光白根山 0:35 弥陀ヶ池
弥陀ヶ池 0:25 五色沼 0:35 五色山 1:30 国境平経由 湯元温泉登山口

歩行時間:8:43
歩行距離:13.2km
累積標高差
上り:1,546m
下り:1,546m

<アクセス> JR・東武日光駅から湯元温泉行のバスで約1時間20分
お得なフリーパスもあるのでそちらを利用すると便利。

東武バス