2泊3日奥秩父主脈縦走 甲武信ヶ岳から雲取山 Vol.1

11月の3連休に晩秋の甲武信ヶ岳から雲取山まで縦走をしてきました。

地図を見ながら今回の山行計画を考えているなか、甲武信ヶ岳にはまだ登ったことがなかったので甲武信ヶ岳を軸にその周辺の山々を歩くことができないかなと思っていたら、雲取山までちょうど良く3日に分けて歩けそうだなと思い、雲取山も登ったことないし、百名山だし東京都の最高峰だし一度は登っておこうということで、西沢渓谷から甲武信ヶ岳へ登りそこから雲取山までの3日間の山行をすることに。

で、今回の計画としては
Day1 : 西沢渓谷→甲武信ヶ岳→破風山避難小屋

Day2 : 破風山避難小屋→破風山→雁坂嶺→雁坂峠(日本三大峠)→水晶山→古礼山→笠取山→唐松尾山→将監小屋

Day3 : 将監小屋→禿岩→飛龍山(巻き)→雲取山→鴨沢

・Day1

JR塩山駅より西沢渓谷行きのバスに乗り終点まで。
雁峠へ登るルート、雁坂峠へ登るルートを歩く人たち十数人が途中下車。
西沢渓谷からは西沢山荘を経由して徳ちゃん新道のルートへ。しばらく歩くといきなりの急登へと変貌。ここで初っぱなからしんどいですねと言葉を交わしながら数人を抜かしていく。

急登

自分の悪いところでもある登り始めからサクサクと歩いてしまい後半その疲れが出てしまうパターンに。
甲武信ヶ岳山頂への中間地点としていた新道分岐を見逃すくらい黙々と歩いていたので、分岐はまだかとずっと思いながら歩いていて時計の高度計を見ると分岐の標高をもうすでに越えていたので、コースタイムよりも早くいいペースで歩いていたことに気づき、ちょっと得した気分。

甲武信小屋に着き小屋を横目に見ながら早々と甲武信ヶ岳頂上を目指す。この日は天気も良く空気も澄んでいたので頂上からの景色は最高にきれい。金峰山など奥秩父連峰はもちろん富士山から南アルプス、八ヶ岳、中央アルプスまで見ることができた。

甲武信ヶ岳からの眺望
甲武信ヶ岳山頂からの眺望

写真を一通り撮ったら来た道を下山。小屋のそばにもう1つの巻道ルートを歩いて今日の停泊地の破風山避難小屋へ向かう。15時には避難小屋に到着し、3連休なので誰か居るかと思ったけれど誰もいなかった。この避難小屋には薪ストーブがあり、外には薪も置いてある。
夕方になり気温もだいぶ下がってきた上、強風は一向に止む気配はないので、薪割りをしてストーブに火を起こした。寒さに体が慣れていなかったのでこの薪ストーブには本当に助かった。

管理されている方に感謝です。

夜食も食べて明日へ備えて寝袋へ

2日目の山行につづく...

カテゴリー