奥高尾縦走路でトレラン

今回は首都圏で人気の山、陣馬山から北へ武蔵五日市駅方面まで走ってきました。

秋川渓谷瀬音の湯を目指して。

スタートはJR藤野駅

今回スタート地点に選んだのがJR中央本線 藤野駅。 こちらは陣馬山登山する人の登山口の一つで、駅からは徒歩だと20分くらい歩いたところに登山口があります。 陣馬山へは今回が2回目で前回は相模湖駅から與瀬神社登山口から明王峠を通って陣馬山へ向かいました。 明王峠からは陣馬山へ向かう人や景信山へ向かう人たちが多くいるので、ハイキングをするには問題ないですけど、トレランをするとなるとあまり適していませんが、藤野駅からだと直接陣馬山へ登頂できますし、そこまで人もいないだろうと見越しての選択です。

初心者には走りやすい

トレラン初心者で人気のこの界隈、高尾山城山景信山、そして陣馬山
特に高尾山・城山周辺は多くのランナーが走っています。
都心からのアクセスも良いですので、多くの登山者とともにたくさんのランナーも高尾山口に集まってますが、あまり人が多いと走れるところも走れなくなります。

高尾山でも南高尾、裏高尾はそこまで人は多くないので、あまりメジャーではないコースをチョイスするのも良いと思います。

トレラン初心者の私としても高尾山界隈で練習を重ねても良いと思いますが、なるべく人が多くないルートをハイキングにしても選びがちなので、今回のルート設定にしました。
走り始めたのが正午前だったのもあるかもしれませんが、登山口に向かう道中には下山者もいたくらいだったので、登っている人はそこまでいませんでしたし、下っている人もそこまでいなかったのもあり、走りやすかったです。

陣馬山からは和田峠に下っていき、そこからは市道山、臼杵山を通って、瀬音の湯へ下っていきます。

和田峠以降は思っていた通り、登山者も殆どいなくランナーも2,3人と会うくらいだったので、このルートは非常に良いなと感じたので、次の機会ではルートをアレンジしてハイキングやトレランをしていきたいと思いました。

ルートログ

上記の表を見てもらって分かりますけど、陣馬山へ600mアップして以降は100mくらいの登り下りを繰り返して最後一気に下っていく感じです。

まだトレイルでの走り方がよく分かっていないのでこのような適度な登り下りが丁度よく感じれます。

距離的には20kmくらいだと少し物足りないのでもう少し練習をしたら30kmくらい走れるルートを探していきたいとは思っています。

トレランは山を楽しむひとつの手段なので、トレランに限らずファストハイクも取り入れて山を楽しんでいきたいと思っています。もちろんハイキングもしていきますよ。

人それぞれ山での楽しみ方がありますので、互いを尊重して山などの自然を楽しんでいきましょう。

次はどこで楽しもうかな〜